蓮池

ここそのものが、在ることでは在り得ないここ全体、在るものでは在り得ない無いのに在る在るかのような感じ分けて在るかのような感じ通された感じ通しているかのような感じ分けて通しているかのような感じ知っている化のような感じ分けて知っているかのような感じ分けずに知る分けずに在るそのものを知るそのもので在る無で在ることでしか、在り得ない無が知る無を知るここを通して無で在ることを知る無だけが在る無で在る...

蓮池

分けてあるここにおいて通してしか知り得ない知るものは知るものを知り得ない知るものは、知るものそのものを知り得ない知られるものは、通さなければ知られない、そのものは知られない知るものも、知られるものも、そのもので在るものはここに無いそのもので在るものはここに無いここ全体、そのものでは在り得ない知ることそのものが、在るものでは在り得ない在ることそのものが、在るものでは在り得ない分けて知ることは、原理的...

蓮池

在る知る知らなければ在り得ない知られなければ在り得ないそのものでなければ在り得ない...

バラ 春の舞

知っている在ると、知っている自分の思考が在ると、自分が自分の脳を通して知っている自分の体が在ると、自分が自分の脳を通して知っている自分の脳があると、自分が自分の脳を通して知っている自分の思考、体、脳があると、自分が自分の脳を通して知っている自分の思考、体、脳があると、自分が知覚反応プロセス・システムを通して知っているここが在ると、自分が自分の脳を通して知っているここに自分が在ると、自分が自分の脳を...

睡蓮 Tina

見えなければ在ることには成り得ないここに無ければ在ることには成り得ないここが無ければ在ることには成り得ないここに起きなければ在ることにはなり得ない在ることには成り得ない在ることに成っている在るように見える在ると知っている自分と他者が、在ると認識しあっているかのような感じ見えるものは、在るものでは在り得ないここは在るものでは在り得ないここは在るものでは在り得ないのに在ることに成っている在るかのように...