ハナミズキ

在り続けているかのような感じ分けて在り続けているかのような感じ内側と外側に分けて在り続けているかのような感じ感じる側と感じられる側に分けて在るかのような感じ知る側と知られる側に分けて在るかのような感じ言語で在ると知る側と言語で在ると知られる側に分けて在るかのような感じ言語で表せる何か(何、どのように)で在ると知る側と言語で表せる何か(何、どのように)で在ると知られる側に分けて在るかのような感じ知る...

ハナミズキ

そうで無いものが、そうで在るかのような感じ無いものが、在るかのような感じ言語で在るかのような感じ言語で表せる何かで在るかのような感じ言語で在る言語で在ると知っている言語で表せる何かで在る言語で表せる何かで在ると知っている言語で在ると知る側と言語で在ると知られる側に分けて在るかのような感じ言語で表せる何かで在ると知る側と、言語で表せる何かで在ると知られる側に分けて在るかのような感じ...

ハナミズキ

在り続けているかのような感じ感じが、つど起きる感じる側と感じられる側に分けて在り続けているかのような感じそもそも無いここが在り続けているかのような感じそもそも無いここに在り続けているかのような感じ分節化言語化記号化意味化個別化実在化そうで無いものが、そうで在るかのような感じ無いものが、在るかのような感じ感じが、ここに起きる...

ハナミズキ

そもそも、無で在る在るかのような感じ感じがつど起きるここ全体、感じられた感じここ全体、通された感じ感じる側と感じられる側に分けて在るかのような感じ感じる通すつど起きる、つど相殺、常に無い...

チューリップ

ここが在るかのようなここに在るかのような感じがここに起きるここ全体、感じられた感じ感じられた感じ通された感じここ全体、感じられた感じ感じる通すつど起きる、つど消える、つど相殺、常に無い感じ続けている側があるかのような感じが、つど起きる、つど消える、常に無いそもそも無いここに、言語記号による思考、記憶を通じた知覚反応プロセスを通じて生存欲求を充たすべく、そもそも無い人間としての自分が在り続けるかのよ...